【当院のFacebookは、こちらをクリックしてご覧ください。】

スタッフブログ

帝王切開分娩におけるソフロロジーの効果

2019/09/21

また台風が接近中です…被害が無いか、毎回ドキドキですね。

 

今回のテーマは少し??っと思われる方も多いと思います。

実は、当院は1996年からソフロロジー出産法に取り組んでいて

(もう23年目…頑張られている院長は凄いです!)

ソフロロジー法正規認定施設として、

お母さん赤ちゃん(と家族)の為にソフロロジー法を伝えています。

 

分娩(出産)と聞いて経腟での分娩を想像しがちですが、

実は、当院では6人に1人帝王切開分娩で赤ちゃんと出会っています♪

帝王切開分娩は手術であると同時に、分娩(出産)方法の1つなのです。

そしてソフロロジー法帝王切開分娩にも役立つのです!!

 

ソフロロジー法

単に陣痛を乗り切る為だけの出産方法ではありません

分娩(出産)はあくまで通過点と考えていて、

それまでに、お母さんとお父さん(パートナー)の

赤ちゃんを想う気持ちを育て、

母性父性(無意識の中に存在する力)を開花させるための準備方法なのです♪

当院では、赤ちゃんを想う気持ちを育てる為に

産前教育に力を注いでおります!!!!!

院長外来での保健指導

母親学級(両親学級)

妊婦健診時週数に応じた個別の保健指導

などがメインとなっています。

上記の内容で気になる項目がある方は、いつでも連絡来院されて下さいね♪♪

20191106152157_00001

 

妊娠中からの

妊娠・出産・育児のイメージトレーニング

呼吸法!!

エクササイズ!!!

この全てがソフロロジー法ではとても大切になってきます。

 

帝王切開分娩の麻酔導入の時にも……

と、続きが気になるかとお思いますが、

今回はここら辺で、次回をお楽しみに♪

(スタッフ:川口)

 

ソフロロジー出産や母乳のことはもちろん、

育児の不安や心配なことなど、

何かあれば遠慮なく当院にご相談ください ♪

TEL:096-372-1110

『第2の子宮』

2019/08/31

お待たせしました!

院長3つの名言の2つ目

『第2の子宮』を紹介致します♪

この言葉にはどのような意味が隠れているでしょうか?!

(当院でご出産された方はご存知と思いますが♪)

 

生まれてすぐの赤ちゃんは、

自分の回りのことを五感を使ってちゃんと感じていますが、

言葉で伝えたり、行動することは出来ず、

自分1人では生きていけないのです…なので、

『お母さん、私をお願いね』と泣きます

ここで“抱っこ”が重要になってきます!!

“抱っこ”は赤ちゃんにとって、 子宮の中にいる事に代わる安心感をもらえる行為で、

つまり…『第2の子宮』なのです。

生まれて1年間はほとんど受身の状態で、

自分の足で歩ける様になるまでは、 赤ちゃんは“抱っこ”によって

「守られている」「かわいがられている」

と無意識のうちに感じ、信頼安心することが出来ます。

そしてそれが、愛情や信頼情緒安定他人を思いやる心など、

人間形成の基盤になると言われています。

みなさん、

赤ちゃんをたくさんたくさん”抱っこ”してあげて下さいね♪♪

20190209094805_00002

 

『抱き癖がつくからあまり抱いてはいけない』間違いです!!!!!

そもそも赤ちゃんは生きるために、抱き癖がついて生まれてくるんです♪

<著:母乳育児のための3points 柚原健男 より1部紹介>

 

(スタッフ:川口)

母乳のことはもちろん、育児の不安や心配なことなど、

何かあれば遠慮なく当院にご相談ください

♪ TEL:096-372-1110

第28回 母乳育児シンポジウム

2019/08/17

お盆が過ぎて、その前後に台風の9号と10号が来ましたね…

みなさん被害は大丈夫でしたか?

 

院長Facebookにもありましたが、

日本母乳の会が開催する母乳育児シンポジウムが、

8月3・4日の2日間、北海道(札幌)で開催されました。

遠方のため院長は参加出来ませんでしたが、

代表のスタッフが参加して色々な講演を聞き、

とても有意義な時間を過ごした様でした。

母乳育児シンポジウムは毎年開催されていて、

なんと、一般の方が参加出来る講演もあるんです♪

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e6%af%8d%e4%b9%b3%e3%81%ae%e4%bc%9a%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a0

 

BFH施設で生まれる子どもの割合は、世界10日本!! 

と…少し寂しいような気がします。

母乳育児について学び、BFHについて知れば、

BFH施設での妊娠・出産・育児を希望する方がもう少し増えるのでは?!と疑問に思います。

沢山の方にBFHBFH施設について知ってもらって、

楽しい笑顔の育児をして頂きたいなぁ~、と改めて思いました♪♪

40

(スタッフ:川口)

 

母乳のことはもちろん、育児の不安や心配なことなど、

何かあれば遠慮なく当院にご相談ください♪

TEL:096-372-1110