『4月から保育園に行くから、今回の乳腺炎を機に断乳したら?と言われました…』

乳腺炎で受診した産後5ヶ月のお母さんが、

実の母親から断乳を持ち掛けられたと悩んでおられました。

(注意:離乳食開始は6か月からです。)

 

以前、卒乳の大切さについてブログでお話しましたが、

WHOユニセフが公表している卒乳の世界平均は4歳2ヶ月

・ユニセフでは2歳以上でも母乳を与えることを推奨

母乳育児は赤ちゃんとお母さんのスキンシップの手段としても大切

そして、特に赤ちゃんにとっては心の栄養なのです!!

 

4月には9ヶ月で離乳食も食べています。

保育園に預けている日中は、搾乳でお願いしたり、

お茶などで対応してもらえば良いのです♪(ミルクの使用はもちろん拒否です!!

 

他のお母さんからも、

『保育園の職員から搾乳は取り扱わないので、ミルク栄養の練習を入園前にしておく様に言われた』

『どうしても搾乳でお願いしますと話したら、 ミルクは1回に220ml使用するんですよ?そんなに搾れますか??と、 半ば脅迫気味に言われ精神的に追い込まれた』

と、 目に涙を浮かべて話されたお母さんもいらっしゃいました。

実は悲しいことに、この様な相談は少なくありません…

あまりの保育所の対応に驚き、院長が書面を渡した事もありました。

その時のものです↓↓

20191228165235_00003

 

私も復職のため1歳で子どもを保育所に預けました。

それまで2~3時間おきにおっぱいを飲んでいましたが、

保育所ではミルクではなくお茶や牛乳での水分補給をお願いして、

保育園登園直前とお迎え直後に、保育園の駐車場で、

車の中で毎日おっぱいをあげていました(笑)。

今となっては良い思い出です♪

 

もちろん搾乳で対応して下さる保育所も多くあります。

今回のような理解してもらえないミルク推進の保育所への対応にお困りの際は、

ぜひ当院へ相談して下さい♪

ただ、私達医療者の介入も良いかもしれませんが、

お母さん達が、ご自身の気持ちを保育所へ伝える事もとても大切です♪♪

 

そしてお知らせです!

保育園の園長先生保育士の先生

いつでも搾乳の取り扱いについてはお伝えすることができます!

ご連絡お待ちしています!

保育園に通っている赤ちゃんの味方になってあげてください!

(スタッフ:川口)

 

ではみなさん、良いお年を♪

29

 

母乳のことはもちろんですが、

育児に不安なことや心配なことなど、

何かあれば、当院に遠慮なくご相談ください。

当院以外でお産された方でも どなたでも大丈夫ですよ♪

TEL:096-372-1110